何でも!言いたい放題 

ワカサギ釣りと諸々自主制作で楽しんでいます。 自称 TEAM Wakasagi.Daisuki(二本松出張所)

工程考えると・・・・。

休暇から中2日。お盆休みは11日から・・・・・。 
11日から職人始めますが、工程の中に川魚が入らない!  悩んでいたのでPM4時から早退。

お昼から冷凍庫に保存してある魚を自然解凍しておきましたが、再度エラ・内蔵を確認して再度塩を振りかけました。

PM5時には燻蒸開始。

PM8時には!

IMG_4080[1]_R

箱の中では良い感じに仕上がりました。 

IMG_4081[1]_R

良い色付きですね。(^_-)-☆

デカ岩名の燻製早速嫁さんに試食して頂きましたが・・・・・、ニジマスもご所望され娘たちと完食。
出来は良かった様です。 


スポンサーサイト
  1. 2017/08/06(日) 21:30:48|
  2. 燻製
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

燻製作り!(自流)

昨夜からせっせと下ごしらえしておりました。 
(あくまで我流ですのでご参考まで・・・・)(^^ゞ

え~、先ずは小鍋に水500ccを準備です。
そして塩70gと砂糖50gを投入して、ローレル4~6枚ブラックペッパー10粒、クレイジーソルト20振り。

IMG_2395[1]_R

ここでコンロに火を着けて砂糖と塩が消えるまで火を加えます。
解けたら火を止めて冷ましてください。

IMG_2398[1]_R

そして追い鰹ではないですが、普通のコショウを5振り程。

そして指を入れて熱くない程になったら普通の玉ねぎなら半分をスライスしてソミュール液に投入します。

IMG_2400[1]_R

ネギの葉っぱは丁度残って捨てられそうだったので採用しました。
ネギ系は臭い消しか?肉を柔らかくするか?

IMG_2401[1]_R

今回のメイン。鳥胸です。山形にも業務スーパー店舗確認しておりますので調達は可能ですね。 
解凍して皮を取り除きます。

IMG_2402[1]_R

そしてジップロックに肉を入れて、ソミュール液を投入して口を9割ほど閉めて開けてある口から空気を抜いて密閉して冷蔵庫へ。



IMG_2404[1]_R

ひと段落して次の段取り。燻玉です。 
沸騰3分で最近は卵を上げますが失敗は少ないが、黄身が少し固くなりますね。 
写真は殻をむいてポリ袋に卵を投入した状況です。

IMG_2405[1]_R

水に浮かせた状態で上の卵に麺汁が浸るぐらいでストップ。

IMG_2406[1]_R

水中で空気を抜いて口を縛って完了です。


翌日  

鳥胸をジップロックから取り出して簡単に水洗いして乾燥?水切りです。

IMG_2407[1]_R

今までの経験でお話すると、水が切れない状態で燻蒸すると色斑になったり火力が落ちたりするし、乾燥しすぎると色付きが悪い気がします。肉の下から水滴が落ちないぐらいが丁度かと? 

IMG_2409[1]_R

これが火種とチップを載せる灰皿です。100均でステンの灰皿購入して底に穴が開けてあります。

IMG_2411[1]_R

そしてチップを乗せます。
とうとう、昨年頂いたチップ使い切りました。  あんなにたくさんありましたが・・・・。(>_<)

IMG_2412[1]_R

そして炭の上に直接灰皿を置いて燻蒸開始です。
このやり方だと、煙を完全に締切ると炭の火力が弱りますので少々の隙間を開けてくださいね。
チップを継ぎ足して約二時間あれば燻製は完成します。 

IMG_2415[1]_R

こんな感じです。  実は、途中から燻煙機に投入していた物が!

IMG_2416[1]_R

川魚の燻製です。
7月?に行った那須の釣り堀で釣ってそのまま冷凍庫で寝ていた物です。
やっと晴れ舞台に上がれました。 

その後、余った火力で!

IMG_2408[1]_R
IMG_2413[1]_R

一晩漬け込んだ卵です。麺汁が染みた箇所と染みていない箇所がはっきりわかりますが、直に馴染みます。

IMG_2417[1]_R

燻玉はスモークウッドを使用します。(^^) これは黙って2時間は燃えて煙を出し続けます。 手を掛けなくてもいいんですね~。 
燻玉作りで最初は炭の火力を使用しなかったのですが、ラップに包んだ後で汁が出て見た目が悪かったので水分を落とすのに使用しています。

セット完了後、昼食・買い物を済ませて戻ってみれば!

IMG_2423[1]_R

良い感じに仕上がりました。 

IMG_2424[1]_R

鳥胸です。  良い感じです。・・・・・、が、製作者の性、匂い負けして試食まで行かず。 

誰か食べます?

あ!あのチップで1/5の消費量で出来ます。 
  1. 2015/10/08(木) 19:35:51|
  2. 燻製
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

下準備

まだ冬眠には早いです。

エギングから早2週間が目の前…。
寝ていたわけでは無く、色々小仕事してました。(o^^o) その内に書ければ!

山形支部長からソミュール液の作り方の指令がありましたが!、肝心のローレル切れ…。(・・;)
仕事帰りに業務スーパーで購入してきました!



302円!当面使えます。

ソミュール液には無くてはならない物です。

……、計りが義母さんのお部屋…、計れません。(ーー;)

明日には作り方アップしますね。

その他に、砂糖、塩、ハーブ系調味料、ブラックペッパー、玉ねぎを、使用します。



エギング釣行後に黒猫が、届けてくれました‼️(O_O)
美味しかったらしく、嫁さん他女性陣が美味しく頂きました。m(_ _)m

私は一粒…。
  1. 2015/10/02(金) 19:37:15|
  2. 燻製
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

宿題

昨日、福島の御仁より北海道土産を頂きました。<(_ _)>

IMG_1322[1]_R

燻製物と乾物です。
秋刀魚の燻製って売ってるんですね。(*^_^*) 頭なしは食べる人にはゴミにならず助かりますが、私の作り方だと頭が無いと引っ掛ける所が無くなり困ってしまします。
秋刀魚は後日頂くとして!シシャモと白子頂きました。(^^)v

シシャモはカリカリで頭から美味しく頂けました。味もシシャモが生きています。
白子は土産を頂く時に「歯ごたえがしっかりしている」と聞いていましたが思ったより柔らかいイメージ。
一度塩漬けして塩抜き・乾燥してからの燻蒸でしょうか?普通に燻蒸したらこの硬さは出て来ません。

コスパに優れているが手間が掛かりますね~。 年末までの宿題がまた出来ました。 
一夜干しの燻製も美味しいんですよね。(^^)v
  1. 2014/10/23(木) 08:20:47|
  2. 燻製
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

秋刀魚の燻製?

昨晩から燻製の下準備
材料を買い足しし、夕飯後に下処理を行いました。

本日。本命?秋刀魚のハラワタを取り、血合とエラを除いて塩を外側と内側に振りかけました。



後はエラの所に銅線を掛けて乾燥。



ハラワタ部は爪楊枝を二つに折って差し込み、乾燥and煙が通る様にします。

あれ?手前に肉系が写ってますね。(^^)
AM8:00



燻蒸開始です。
今回は、MJさんから頂いたサクラのチップを使用します。



先ずはササミと秋刀魚が完成しました。
次は卵です。(^O^)/

AM11:30
  1. 2014/10/16(木) 08:15:02|
  2. 燻製
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:19
次のページ

プロフィール

どどんぱ

Author:どどんぱ
住所  二本松市
性別  男
年齢  40代

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリ

その他 (46)
出来事 (123)
釣り (23)
ワカサギ (126)
仕事 (30)
休日 (100)
天気 (18)
地震 (4)
山菜 (17)
放射能 (23)
食べ物 (32)
アイテム (54)
ロケットストーブ (4)
研修 (5)
季節 (5)
カメラ (3)
虫 (16)
花 (13)
猫 (8)
燻製 (19)
ラーメン (21)
電動リール (13)
ワカサギ穂先 (13)
釣り大会 (19)
鳥 (3)
コンサート (6)
考察 (19)

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスカウンター

今見ている人

現在の閲覧者数:

最新コメント

最新記事

フリーエリア

検索フォーム

QRコード

QR

月別アーカイブ