何でも!言いたい放題 

ワカサギ釣りと諸々自主制作で楽しんでいます。 自称 TEAM Wakasagi.Daisuki(二本松出張所)

ワカサギ釣り=魚探+国土地理院+携帯GPS+HP

タイトルはかなり難解なものですが、一読ください。
私のワカサギ釣りは2009年以降シーズン00電機さんからお借りした魚探を片手に、あの広い氷上を山の地形を見ながらドリルで穴をあけて魚探で調査・・・・・・・ハイ次!!な感じでひたすら穴をあけていました。たまに良いポイントで釣果が上がり知り合いに知らせるも下り口からまっすぐ見える山に向かって歩き目印となる木を見つけて湖岸から00m位なんて言う程度の報告でした。

2010年シーズン半ばになりタイトルの物を使い釣果UPにつながっている気がします。
魚探:私は水深が測れて、湖底のある程度の範囲にワカ様が居ることが分かれば十分だと思います。
国土地理院:2つの使い道があります。①湖沼図の確認(湖沼図を持っている人は関係がない)②緯度・経度の確認これを閲覧・メモを取れれば氷上で大歩きをせずに済みます。
携帯GPS:氷上で現在位置を確認するもの。

これをもとに国土地理院から詳細をしてゆきます。

国土地理院ホームページを開き上記の項目の中に[地図・航空写真]をクリックして右手上部の[主題図]をクリック左手最下部[湖沼湿原調査]中の[湖沼図の閲覧]をクリックすると日本地図が現れて記載されている湖沼の湖底図が閲覧できます。(基本コピーはできません。)これと今までの経験を照らし合わせればある程度のポイントが絞れると思います。
あとは、いかにそのポイントへたどり着くかですが、今度は[電子国土ポータル]を検索し地図を開くと地図中央部にある+印のポイントの緯度と経度が判ります。これを湖沼図で決めたポイントと照らし合わせて行けば行きたい緯度・経度が決定します。
あとは氷上に立ちポイント近くになったら携帯のGPS機能を使い緯度・経度の数値を近付けて行けば目標のポイントに近づけます。ドコモのGPSはレベル3(★3つ)のときで50m以内の精度ですのでかなり良いと思います。(緯度と経度の勉強を忘れずに!)最後にドリルで穴をあけて水深と魚影を確認したらヨーイ・ドンです!!ワカ様のご加護を!!


スポンサーサイト
  1. 2011/01/28(金) 15:33:42|
  2. 釣り
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

どどんぱ

Author:どどんぱ
住所  二本松市
性別  男
年齢  40代

カレンダー

12 | 2011/01 | 02
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

カテゴリ

その他 (47)
出来事 (123)
釣り (24)
ワカサギ (126)
仕事 (30)
休日 (102)
天気 (18)
地震 (4)
山菜 (17)
放射能 (23)
食べ物 (32)
アイテム (57)
ロケットストーブ (4)
研修 (5)
季節 (5)
カメラ (3)
虫 (16)
花 (13)
猫 (8)
燻製 (19)
ラーメン (21)
電動リール (13)
ワカサギ穂先 (13)
釣り大会 (20)
鳥 (3)
コンサート (6)
考察 (19)

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスカウンター

今見ている人

現在の閲覧者数:

最新コメント

最新記事

フリーエリア

検索フォーム

QRコード

QR

月別アーカイブ